⏱この記事は1分で読めます

調剤事務とは、調剤薬局で診療報酬請求ができると証明になる資格です。
主に、医療機関で院外処方を発行された際に、患者の持参した処方箋を受け取り、薬を処方する際の保険での請求業務が主な仕事です。

一般に医療事務と呼ばれる職種との違いは、医療事務は医療機関で行われた医療行為に対する全ての請求をするのに対し、調剤事務は薬に関する内容の請求のみになります。
医療事務とは違い勉強する項目が薬に関するものに絞られるので、医療事務よりも短い期間で資格を取れると人気があります。

また、薬剤師とは違い、民間の資格が取得できます。
通信教育や、資格が取れるカリキュラムを受講する方法をへて試験を受けるのが一般的です。


実際の薬の説明や受け渡しは薬剤師の仕事ですが、調剤薬局の診療報酬請求も保険診療の適用ですので、診療報酬の解釈本にのっとった方法での請求となり、それに属する本や資料を参考に勉強します。
調剤薬局では、パソコンを操作し請求書を発行している人方が調剤事務に該当します。


薬は患者様の体に関わります。
絶対に間違いがあってはいけませんので、調剤事務が民間の資格であっても、業務を行う上で細心の注意が必要であり、同時に守秘義務も発生しますので肝に銘じておかなければなりません。