実務者研修/資格取得について

介護の仕事でキャリアアップをしたいなら、資格を取ることは必須と言えるでしょう。

最終目的は介護福祉士や認定介護福祉士ですが、まったくの未経験者でも取れる資格としては「介護職員初任者研修」と「実務者研修」があります。

このうち初任者研修は比較的簡単に取れ、所要時間も費用も少なめですが、介護業界で長く働くつもりなら実務者研修のほうがオススメです。
というのは実務者研修の修了が、介護福祉士国家試験を受験するための条件になっており、このとき実技試験を免除されるという特典もあるからです。

また実務者研修修了者は「サービス提供責任者」として扱われます。

訪問介護事業所にはサービス提供責任者を置かねばならないと規定されているため、この資格があれば就職に有利です。
実務者研修は通信講座で受講することも可能です。

全部で450時間かかるので、継続するのは大変かもしれませんが、自分のペースで勉強できるのは通信講座の強みです。なお最短で10日ほどのスクーリングで実技を習得します。

実務者研修を扱っているスクールは多く、それぞれにセールスポイントがあるので、資料を取り寄せて比較検討するのも良いでしょう。
今では複数のスクールに資料を一括請求できるサイトもあります。

関連記事一覧

ケアマネージャー講座・選び方と資料請求

ケアマネージャーとは、2000年4月の介護保険制度の導入とともにできた資格です。 要支援・要介護認定を受けた人や家族からの相談を受け、在宅で...

ヘルパー・介護職員初任者研修に関する資格取得

従来「ホームヘルパー」と呼ばれていた資格は、現在「介護職員初任者研修」という研修になっています。 従来のホームヘルパー(2級以上)を取得して...

介護福祉士になるためには

▶まだ受験資格がない方はコチラ 介護福祉士国家試験対策講座 少子化が改善されず、日本の人口の高齢化は加速して、介護や福祉を本当...