⏱この記事は2分で読めます

従来「ホームヘルパー」と呼ばれていた資格は、現在「介護職員初任者研修」という研修になっています。
従来のホームヘルパー(2級以上)を取得している人は、介護職員初任者研修を修了したとみなされます。

介護やヘルパーの仕事を行うには、介護職員初任者研修の修了を条件としている事業者が多く、介護職員初任者研修を受講したい、資格を取得したいという人も多くなっています。

介護職員初任者研修は様々なスクール・団体などによって行われています。
通学制のところもあれば、通信制のところもあります。通学制でも通信制でも、研修の総時間数は130時間となっています。

通学制の場合は主に土日祝などに開講されていることが多いほか、夜間に開講していることもあります。
通信制の場合は、理論(座学)に関することは自宅等でテキストを呼んでレポートを提出し、実技面をスクーリングに出席して学びます。
いずれも働きながら修了しやすいように配慮されているところが多いです。

研修の内容はどこでも同じですが、研修の形態(通学か通信、土日祝か夜間、など)や費用面についてはスクール・団体によって異なります。介護やヘルパーの仕事に興味のある方は、介護職員初任者研修を開講しているスクール・団体に資料請求などをしてみてはいかがでしょうか。

シカトルではニチイ、ソラスト、ハクビなどの通学・通信制の資料を一括で請求できます。