ケアマネージャーとは、2000年4月の介護保険制度の導入とともにできた資格です。

要支援・要介護認定を受けた人や家族からの相談を受け、在宅でのケアプランを作成、取りまとめる在宅介護のスペシャリストです。

ケアマネージャーになるには、都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修」を受講する必要がありますが、その研修を受講するためには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければならないとされています。

その合格率は15パーセント程度と、超難関の資格ともいえます。

各会社で開催されているケアマネージャー通信講座では、膨大な出題範囲から、出題傾向の高いポイントを絞って勉強ができるように教材がまとめられています。
このため、普段の業務に追われ、なかなか勉強時間が確保できない受講生でも、短時間で合格レベルに近づくことが可能です。

また、学習内容を解説したDVDも、指導経験豊富で合格率60パーセント以上をたたきだした講師陣によるわかりやすい解説が収録されていますから、受講生は、マンツーマンの授業をうけている感覚で、重要なポイントを理解することができます。

さらに、また、会社によっては、模擬試験が2回ついてきますので、適切なタイミングで自らの学習到達度を確認しながら、学習をすすめることができます。

ケアマネージャーの通信教育についての資料をお探しの方は一括で資料を無料でお受け取りになれるシカトルが便利です。
無料の上、約1分程度で手続き完了!